特別な理由により出生届がされない場合、その子の戸籍がつくられず、無戸籍状態となります。そのため、その子の母や父が誰であるかといった親族的身分関係や、その子が日本人であることを証明することができなくなるほか、行政上のサービスを十分に受けられないなど、社会生活上の不利益を被るおそれがあります。

  全国の法務局・地方法務局及びその支局では、無戸籍解消のための相談を受けています。法務省のホームページに詳しいご案内を掲載していますので、下記リンクをご覧ください。

法務省:無戸籍でお困りの方へ(外部リンク)

「無戸籍の方の戸籍をつくるための手引書」PDF