公的個人認証サービスとは、インターネットを通じて安全・確実な行政手続きを行うために、他人によるなりすまし申請や電子データが通信途中で改ざんされていないことを確認するための機能を全国どこに住んでいる人に対しても安価に提供するものです。
この公的個人認証サービスを利用することによって、ご自宅や職場などのパソコンから様々な行政手続きを行うことができます。

 公的個人認証サービスの利用について

公的個人認証サービスの利用には、マイナンバーカードに格納される電子証明書を使用します。

そのため、サービスを利用するには、マイナンバーカードの交付を受ける必要があります。
※現在お持ちの住民基本台帳カードに新たに電子証明書を格納することはできません。
新たに電子証明書をご希望の方は、マイナンバーカードを取得してください。

また、ご自宅等で利用する場合は、以下のものが必要です。
・インターネットに接続されたパソコン
・ICカードライタ         
※パソコンには、利用者クライアントソフトをインストールする必要があります。
インストールは公的個人認証サービスポータルサイトから行ってください。

 注意事項

電子証明書には有効期間があります。
発行日後5回目の誕生日までです。
ただし、個人番号カードの有効期間が満了となった時点で、電子証明書の有効期間も満了します。
また、更新は有効期間満了の3カ月前より可能です。

公的個人認証制度の詳細や、実際に公的個人認証サービスをご利用するときの不明点等については、公的個人認証サービスポータルサイトをご参照ください。