奈半利町不妊治療費助成事業

担当:住民福祉課

◆奈半利町一般不妊治療費助成事業

 

一般不妊治療(人口受精を含む)を受けられた方に、費用の一部を助成します。

【対象となる不妊治療】

医療機関において医師より不妊症と診断され、特定不妊治療を除く不妊治療

【対象となる方(次の要件を満たす方)】

1.法律上の婚姻をされている夫婦(婚姻の提出はしていないが、事実上婚姻関係と同様の事業にある場合を含む)

2.夫婦の両方又はいずれか一方が奈半利町に住民票があること

3.夫婦が医療保険の被保険者、組合員または被扶養者

4.夫婦が町税の滞納がないこと(国民健康保険税含む)

5.他の自治体において、同一の助成を受けていないこと

【助成内容】

助成額:夫婦1組あたり年度(4月~翌年3月)に6万円を上限とする。

治療回数:制限はありません

助成期間:通算5年

申請期間:治療を受けた日の属する年度の末日(末日が土日祝日の場合は、その前日)

 *必要書類が3月末までにそろわない場合は、住民福祉課へご相談ください。

【申請に必要な物】

1.奈半利町不妊治療費等助成金支給申請書兼請求書(様式第1号)

2.奈半利町一般不妊治療医療機関受診証明書(様式第2号)

3.夫婦の医療保険の被保険者証(写しでも可)

4.一般不妊治療に要した費用の領収書および明細書

5.夫婦であることが確認できる書類(夫婦が同一世帯に属さない場合)

6.印鑑

様式第1号

○様式第2号

○様式第3号

奈半利町特定不妊治療費助成事業

医療保険の適応とならない特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)を受けられたご夫婦に、費用の一部助成します。

【対象となる方(次の要件全てを満たす方)】

1.法律上の婚姻をされている夫婦(婚姻の届出はしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある場合も含む)

2.夫婦の両方またはいずれか一方が奈半利町に住所があること

3.夫婦が医療保険の被保険者、組合員または被扶養者

4.夫婦が町税の滞納がないこと

5.たの自治体において、同一の助成を受けていないこと

6.「高知県不妊に悩む方への特定不妊治療費助成制度」の助成を受けている方

【助成内容】

助成額:治療に要した費用から、県事業の助成を受けた額を控除した額について1回あたり

15万円を上限

回数:県事業の規定に準じる

期間:県事業の規定に準じる

申請期間:高知県要綱の規定に基づく「高知県不妊に悩む方への特定不妊治療支援事業承認決定通知書」の通知日から60日以内

【申請に必要な物】

1.奈半利町不妊治療費等助成金支給申請書兼請求書(様式第1号)

2.県事業に係る「高知県不妊に悩む方への特定不妊治療支援事業承認決定通知書」の写し

3.奈半利町特定不妊治療医療機関受診証明書(様式第3号)

*県事業の申請時に添付する「不妊に悩む方への特定治療費支援事業指定医療機関受診等証明書」の写しを様式第3号に代えることができる

4.夫婦であることが証明できる書類(夫婦が同一世帯に属さない場合)

5.夫婦の医療保険の被保険者症(写しでも可)

6.特定不妊治療に要した必要の領収書および明細書

7.印鑑

様式第1号

○様式第2号

○様式第3号