奈半利町は高知県東部に位置し、海・山・川に恵まれた自然豊かな町で、特に海には海岸から程近い場所にある人工構造物(消波ブロック)に数十種のサンゴが群生しているという世界的にも稀な海を有しており、それらのサンゴを間近に見ながら自然体験型観光を楽しむことができる施設『奈半利町海浜センター「海辺の自然学校」(以下「海浜センター」という。)』を奈半利町ふるさと海岸に整備しております。

 現在、様々な分野でデジタル化が進んでいる一方、自然体験というアナログな分野への注目度が高まっており、海浜センターは奈半利町の観光に大きな波及効果をもたらす重要な拠点施設と位置付けています。

 

 今回、これからの観光ニーズの変化や動向に対応した施設整備をするにあたって、その方向性を検討するため、海浜センター(ふるさと海岸全体的な)のあるべき姿(コンセプト、ターゲット、適切な規模等)と奈半利町の玄関口である奈半利駅に観光コンシェルジュ機能を備付け、ふるさと海岸を中心に奈半利町全体で入込客数を増やす仕組みづくりについて基本構想を策定します。当業務にあたっては、高度な創造性、技術力、専門的な技術や経験を必要とすることからプロポーザル方式で事業者を選定します。

 

プロポーザルに参加したい事業者は、下記の「奈半利町観光施設整備事業測量設計委託業務(基本構想策定)公募型プロポーザル実施要領」他をご参照のうえ、奈半利町地域振興課まで企画提案書等をご提出ください。

 

①奈半利町観光施設整備事業測量設計委託業務(基本構想策定)公募型プロポーザル実施要領

②奈半利町観光施設整備事業測量設計委託業務(基本構想策定)公募型プロポーザル実施要領別紙様式

③奈半利町観光施設整備事業測量設計委託業務(基本構想策定)仕様書

④奈半利町観光施設整備事業測量設計委託業務(基本構想策定)のプロポーザルに関する企画提案書作成要領

⑤奈半利町観光施設整備事業測量設計委託業務(基本構想策定)の公募型プロポーザル審査要領

 

奈半利Life×観光ガイドブック なはり